プロテインで健康ビルドアップ【おすすめは体型やコンディションを見ながら選ぶと良い】

ストレッチ

自律神経を整えること

女の人

症状が起きたら

更年期障害の症状の1つとして、自律神経失調症があります。自律神経失調症は、自律神経のバランスが乱れることで起こる不定愁訴のことで、長引くことで生活習慣病や精神疾患を引き起こす可能性が高まります。更年期障害が原因の自律神経失調症を改善するためには、少なくとも2つのアプローチが必要不可欠となります。それは、ホルモン補充療法を行うことと、生活改善を行うことです。更年期障害の原因はホルモンバランスが乱れることで起こります。女性であればエストロゲン、男性であればテストステロンの分泌量が低下するため、それらを補充する必要があるのです。また女性であれば、大豆イソフラボンがエストロゲンと同じような働きをするため、積極的に摂取すると良いでしょう。

セロトニンを増やすこと

男性であれば、テストステロンの分泌を促すために、たんぱく質の吸収を促す栄養素を摂取する必要があります。そのためには、納豆やメカブなどに含まれるネバネバ成分が有効です。また更年期障害を原因とした自律神経失調症の症状を改善するもう1つの方法として、生活習慣の改善が挙げられます。生活習慣を改善することの目的は、セロトニンの分泌量を増やして自律神経のバランスを整えることにあります。セロトニンの分泌を促すためには、適度な運動と日光浴が必要です。生活リズムが狂っている人は、その点も整える必要があります。また必須アミノ酸・脂肪酸を摂取することは、セロトニン生成に必要不可欠ですし、乳酸菌を摂取して腸内環境を整えることでセロトニン分泌に大きな効果があります。